1. ホーム
  2. やましお漬

やましお漬

やましお(山汐)菜は、今から約300年前(享保10年)に筑後川が氾濫し、上流で山崩れが起り、濁流とともに種子が流され、筑後川の中洲に自生したと伝えられています。
筑後地方では山崩れが起きることを「やましお」が起きた、ということからこの名前がついたといわれています。以来、福岡県久留米市北野町鳥巣地区を発祥地として栽培され、昭和45年に一夜漬けの加工が始まりました。

圃場でやましお菜を収穫します。

収穫したやましお菜をその日のうちに塩漬します。

一夜漬で出来上がったやましお漬を袋詰めし、出来上がりです。



価格表・申込先はこちら

ページトップへ戻る