トップ自己改革

自己改革

麦の開花期審査

2021.04.20
JAみい米麦採種部会は4月7~20日の10日間、採種用麦の開花期審査を行いました。2、3班に分かれて部会員の畑を回り、成熟具合や病害虫の発生状況などを確認しました。品種は大麦「ほうしゅん」「はるさやか

廃ビニール回収

2021.04.14
JAみい生産資材課は4月13、14日の2日間、八坂カントリーで農業用廃ビニールなどを回収しました。管内の組合員や生産者など、延べ525名が訪れ、農業用ビニールや肥料袋、寒冷紗など14種類を受け入れまし

キュウリ共同販売中間検討会

2021.04.13
JAみいきゅうり部会は4月13日、JAくるめきゅうり部会、広島3市場、JA全農ふくれんと中間検討会を開催しました。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、初めてリモート形式で行いました。 昨年1

オンライン直売所を始動

2021.04.01
JAみいは4月から、管内の農産物やJA6次産業化商品などをネット販売する「オンライン直売所」を始めました。直売所めぐみの里や各支店などに来店しなくても、パソコンやスマートフォンから好きな時間に購入でき

新テッポウユリ ハウス巡回

2021.03.24
JAみいは3月24日、新テッポウユリのハウスを巡回しました。JA担当職員、久留米普及指導センター職員ら3名が参加し、4月下旬から始まる令和3年産盆出しの定植を前に、苗の生育状況を確認しました。

第1回福岡県庁農産物即売会

2021.03.22
JAみいは3月22日、JAくるめ、JA全農ふくれんとともに、福岡県庁で第1回農産物即売会を開催しました。コロナ禍の影響で農産物の価格が低迷しているため、生産者の所得増大に繋げることが目的です。

小菊ほ場を巡回

2021.03.22
JAみいは3月22日、管内の小菊のほ場を巡回し、3月末頃から始まる定植を前に、挿し芽の状態を確認しました。JA担当職員は、久留米普及指導センター職員と共にJAみい小菊研究会会員のほ場を訪れ、根の張り具

めぐみの里15周年記念大感謝祭

2021.03.20
JAみい直売所めぐみの里は3月20日、日頃の感謝を込めて15周年記念大感謝祭を開催しました。毎年大好評のイベントで、組合員や地域住民など342名が来店されました。 タマネギやキュウリ、あまおう、

ラー麦 生育調査

2021.03.10
JAみい吹上カントリーは3月8日から10日までの3日間、小麦のほ場調査を行いました。生産者や農事組合法人の代表者とともに管内の抽出した畑18か所を回り、ラーメン用小麦「ちくしW2号」の生育具合を確認し

特売フェア

2021.02.21
JAみいは2月20、21日の2日間、経済センター小郡本店、大堰店、大城店で特売フェアを開催しました。JA管内の組合員など延べ876名が来場され、肥料21品目、農薬56品目を特別価格で販売しました。また
1 2 3 4 5 9
ページの先頭へ